2020/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


 

 

 

梅雨明けぬ まだ少し涼しさが残っていた7月

 

蝉の声が聞こえたよ

 

本当だ

 

 

以前のように近くはないけど、確かに。 

 

 

夏だね

 

 

 

 

でも

 

ベランダの朝顔や

 

早朝から窓のすぐ外で大きな声で鳴く蝉

 

車でちょっと移動すれば海

 

 

そんな

 

当たり前にあった

 

周囲の夏は

 

ここでは簡単には

 

手に入らない

 

 

なんかー 夏っぽくないなあ

 

つまんない

 

 

 

 

うーん

 

 

中3、塾の夏期講習に通う娘の

 

目に余る態度に

 

家族解散宣言

 

 

子離れ・親離れ の時期だよね

 

 

 

 

 

2020.8.8 こらむん Tokyo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

そして、私たちは風の谷へ帰ってきたー

 

ようやく落ち着いて、心地よく過ごした新居から

 

あの辺りも 奥へいくほど、昔ながらの街並みで、大好きだった。

 

 

 

 

もとの住まいが空くことになり

 

知った当初は、考えたくもなかったが

 

この機会を逃すと、次はいつになるかー 

 

 

 

 

木立多く

 

風ふく谷の

 

小さな部屋は

 

戻ってみると、さほど狭くはなかった。

 

 

 

近所にBio ショップもできて

 

駅からは遠くなったけど

 

ありがたく、ただいまを言おう

 

 

 

この土地の記憶の中の娘は

 

本当に小さい。

 

5歳になるまで過ごした家。

 

 

 

 

近所の公園も

 

近くのスーパーも

 

小さかった娘との絵に

 

立派に育って

 

私と同じくらいの背丈になり

 

外で、昔みたいに手をつなぐこともない

 

綺麗になった娘の姿が重なっていくんだな、、

 

 

 

 

 

春には、家をでてすぐの並木道に

 

満開の花が咲くだろう

 

9年前 この家をあとにした時

 

悲しい思いで見上げた桜の花たち

 

 

 

 

来年は、娘の高校合格と共に

 

ほっとしながら見上げたい

 

 

 

桜が 綺麗に 咲きますようにー

 

 

 

 

 

2020.7.19 こらむん Tokyo 🌸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

そしてー

 

運命は なぜか、いつも急展開する

 

平和だったお正月の頃の 安らかな空気ー

 

一生懸命コンクールレッスンに通い、ついに疲労骨折に至った、愛しい娘ー

 

 

大変だったけど、今思えば平和だった日々💧

 

 

東京へ戻ることになった

 

 

呼んで頂き

 

必要として頂き

 

と決意をし、フタを開けたら 様子異なり ー0ー

 

 

が、もうどうにかしていくしかない

 

 

娘の進路もある

 

将来の夢、、、 もある

 

 

さて私は

 

できる限りの道を開いてあげるべく

 

 

公私ともに、ひたすら尽くす日々、かな

 

 

 

今までの全ての出会いに 守ってくれたものたちに

 

心から感謝しながら

 

 

ゆっくりお別れする暇はなさそうだけど、

 

時々に伝えてきた

 

そして、深く深く心に刻もう

 

 

 

ありがとう

 

さようなら

 

 

 

そして、これからもよろしく

 

 

 

 

2020.3.18 こらむん Tokyo

しかし、なぜまたこのコロナ災害の時に動くことに・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

ダンスをしたいのは誰?

 

から出発

 

 

昨日   " 我ら 時 "  作品集  BOX が届いた✨♡

 

2012年に発売したものだというから

 

いったいどれだけ遅いの??  って感じだけど

 

巡り合ったのが 令和元年だったのだから 仕方ない

 

 

 

宝石のように詰めたー という ひとつひとつの モノが 

 

本当に、大切につくられた感じが 伝わってきて、

 

宝箱が届いちゃったかも!

 

 

 

 

CDを聴き始めて、

 

カードを立ててみて

 

本をぱらぱら めくってみて

 

この巻ものはなんだろうと 首をかしげて

 

 

 

今年の夏は

 

これを宝物に 過ごせちゃいそう

 

 

 

さて 今日は参院選投票日。

 

投票率、少しはあがってくれ!!

 

 

 

 

2019.7.21 こらむん Fukuoka

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

キュッキュッキュッ

 

ネットで調べてみたところ、甘えたり遊びたい時の鳴き声、らしい。

 

 

 

ハムスターって鳴いたっけ??

 

というほど、昔(子どもの頃)飼っていたハムちゃんたちからの記憶はないのだけど、

 

 

時々

キュッキュッキュ と歩いていく。。

 

 

 

へー 甘えてたんだ〜!

 

何かおしゃべりしてくれてるんだろうなーと思ってたけど♡

 

 

 

 

しかし、呑気でフレンドリーな我が家のハムっちょは、

 

娘曰く、今日は外に出せと牙をむいていたそうだ💦

 

 

えー! そうなの??

 

ハムっちょを見ると、確かに不機嫌そうに目が座っている・・・

 

 

 

ストレス溜まっちゃってる と娘が言うので、

 

わかったわかった と

 

ケージの外にだして遊ばせる役目のおかあさん。。

 

 

 

くそ〜 (寝ようとしていた)

 

娘の手が少しはなれたと思ったら

 

今度はハムっちょか🐹

 

 

まー 可愛いからいいけど♡

 

 

 

10連休の令和GWは、ゆっくりしながら、途中上京。

 

令和元旦なる日は、混み合う和光のウィンドウ前を通りながら、

 

おー 歩行者天国だねー

 

 

 

大昔、父が連れて行ってくれた 

 

"銀ぶら” を思い出しながら

 

 

 

ハムっちょは、今夜も飛ぶように走り回っている・・

 

 

 

 

2019. after GW  こらむん FUKUOKA

 

 

 

 


 

 

 

 

 

ベランダの朝顔が 満開の

 

8月の終わり

 

 

 

 

新学期が始まった、8月最後の1週間は

 

一時の猛烈な暑さを通り過ぎ

 

 

 

今年も ギラギラと暑かったDocomo1九州の夏すら

 

暑さ寒さも彼岸まで

 

本当にお盆を過ぎると涼しくなるんだなあ  と思う

 

 

 

 

夕方の海やプール

 

舞台三昧した東京onnpu

 

初日に通過する台風とすれ違った 京都

 

 

 

いや しかし 暑かった

 

とにも かくにも 暑かった

 

 

 

涼しくなって ようやく

 

ゆっくりできる気がする

 

 

 

来年の夏に備えなければと

 

今から思うほど

 

 

 

あまりの暑さに、すぐにしなしなに

 

必死で水をやり続けた朝顔は

 

元気にすくすく伸びて

 

上の階のベランダに進出

 

 

 

 

喜んで貰えてたみたいで

 

よかったニコハート

 

 

 

 

 

 

2017.9.6 こらむん Fukuoka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

日の出と同時に始まる

 

蝉の大合唱

 

 

 

アサガオ 枇杷 トマト ピーマン に水やり

 

 

 

 

川から抜ける風が気持ちいい

 

 

 

ときどき蝉の声

 

 

 

お盆の午後

 

 

 

 

都の洗練を楽しんだ後の

 

静かな夏やすみ

 

 

 

 

 

 

2017.8.12 Fukuoka

 

 

 

 

 

 








FB
を眺めていたら

ふと彼女のこどもの写真が投稿されているのを目にして

思い出したこの感じ

ちょっと書いてみておこう




可愛くて 聡明な 10歳ほど年下のママ

自分は受け入れられて ”当然” という

どこか遠慮のないところが



ふだんは全くわからない、独特の”自分が上” みたいなトゲが

ふとした時に見え隠れした



平たく言うと、図々しいのだけれど



彼女の娘もそんなところがあって

他の同じ年頃の子たちと しょっちゅうケンカになっていた




子どもの場合は


私が一番可愛かったり


私が一番かまってもらえる のだったり


**ちゃんより 私の方がえらかったり


する訳だけれど


ま、彼女の本質も同じようなところにあったのだろう





それは、自尊心が高い・・ということなのだろうから

頭から否定することはしないが

何かのときに、他者への心くばりとか、気づかいが、思ったほどに存在していないと、

いきなり知らされることがあった




彼女ほど ”勝って” ない人であれば

ちょっと気配りがぬけていたりとか 失礼だったりしても

気づかないのね。。 で終わるところを



私の言うことは当然・あたりまえ  と言わんばかりになってしまう

ふだんから得点高めの彼女の場合は こんなところに意外な落とし穴があったわけね 




やっぱり、人への心くばりは、大げさすぎてもいいくらい

大切ですね







2016.3.14 こらむん Fukuoka   

 あ!今日はホワイト・デーだったか〜 先月は世紀のバタバタだったからな・・・



 




 









モネの絵であると、さほど意識もせずに、どこかの美術館でポストカードを買いもとめ、

誰かに出すまでしばらく持っていましたね



『印象、日の出』



日の出か、日の入りか? という議論になって久しいそうで、

そう言われると、確かにどちらかわからない




これを所蔵する マルモッタン・モネ美術館が、この決着をつけるべく調査にのりだし、


1872年11月13日7時35分ごろ の風景を描いたものであると 特定。



なんか、こういう どうでもいいんじゃない??  と思われるようなことが


大いに議論されたりするところに、




ヨーロッパの芸術との遊びの深さや


人々のゆとりや


ウィットを感じてしまうなあ



という訳で、行ってきました記念講演会と、モネ展 in 福岡。





副館長さんのお話は、同時通訳のまどろっこしさもあってか


途中、眠気もさそうものだったけど


久しぶりのアートな時間




しかし・・・


ああ、ヨーロッパの美術館が懐かしいなあ


アートは、展示されるハコを見るものでもあるよね、とつくづく。






今回出展されていたものでは


日没の雪の村を描いた、「雪の効果、日没」に一票


雪景色に、そっと射す始まったばかりの夕日



印象派の風景画、、やっぱり好き!







2016.2.22 こらむん Fukuoka   もうすぐ雛祭り、、はやい >< 




 




 




心を穏やかに保ちなさい・・  



と、元旦のおみくじにもあったのに。


ここ2週間、すっかり穏やかじゃなくなってる。


その原因は、とりあえず置き、


でも、走り回ったおかげで、かなりことは前進してる、




と思う。




よかった。





それは何のためかっていうと



大切な人たちのため。



こんなに大切だと思う人たちがいるって


ありがたいことなんだろうなあ。




でも、一番大切な娘へのアテンションが薄まってくると


娘が体調を崩す


こどもの栄養って、愛情なんだなとつくづく思う



こどもに限らず、人の栄養、、ってことかな




さあ、今年もがんばっていっちゃうぞ〜






2015.2.5 こらむん Fukuoka  ひゃー もう2月だよ












from NY