2020/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


 

 

 

 

中学生ママになってから、最初に悲鳴をあげたタスクは、

 

体操服に縫い付けるゼッケンに、名字をゴシック体、黒マジックで書け、というものだったように思う。

 

 

ツルツルした素材でにじむし、

 

前後、2枚につけるから、計4枚。

 

書けたはいいけど、縫い付けたら歪むしで、それはそれは大変だった。

 

2年目は、濡らしてから書く、というコツもつかんで、より綺麗に仕上げたものである。

 

 

 

転校し、体操服で登校しなさいという分散登校の1日目、

 

準備をする娘に

 

登校時に大きく名前が入っているのも何だし、今の学校のものとは違うから、とっちゃえば??

 

と、名入りのゼッケンを本来カッコ良いものではない、と認識している母は勧めた。

 

あまり気乗りしない様子の娘、えーついてた方がいい、、と言っていたが、

 

無い方がカッコいいよ、という母の強い勧めに

 

ゼッケンを外してから、言った。

 

 

「これ自慢だったんだよね」

 

綺麗に描けた文字は、他の子たちのと違って、

 

「私もそういうところキチンとしたい方だから」

 

「こういうところ違いがでるじゃん」

 

とても気に入ってくれていたそうであった。

 

なんか、しみじみ、嬉しかった。

 

 

 

デザインなどの仕事をしている手前、やはりそういうものには真剣に取り組んでしまう方であるが、

 

娘が気持ちよくいれるようにと、小学校の時も、体操服のゼッケンに必ずアイロンをあてていたっけ。

 

 

 

気持ちをしっかり

 

受け取って貰ってたのかな、と、そんな嬉しさ。

 

 

 

確かに、かなり綺麗に書いてあるなあ。

 

ちょっと捨てられないものになってしまった。。

 

 

 

 

2020.5.31 こらむん Tokyo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

去年の秋から、ずっと根を詰めてきて

 

睡眠時間もまったく不足、

 

それでも2学期末テストもがんばって

 

中2、3学期。

 

 

大切な娘は

 

1月が終わろうとする頃、2月初旬のコンクールを目前に 疲労骨折であろうと診断された

 

 

 

ああ、頑張りすぎたねえ

 

お正月のお休みもほとんどなかった娘

 

トゥシューズのレッスンの後は、

 

足の指はいつも痛むので、

 

それが当たり前と練習を重ねてついに無理がきた模様

 

 

 

整形外科の先生からは、

 

どんな強化選手もレッスンは1日おき、必ずしっかり休ませる との情報

 

本当かなあ

 

体育会系、スポ根文化、未だ根深そうであるスポーツ界

 

バレエのコンクールレッスンも、ご多聞に漏れずかなりのスポ根に見えた

 

 

 

先生ご自身も、自分が育った昭和のやり方が

 

必ずしも正しいとは限らないー と言及されていたようだったが、

 

やっぱり、ご自身のベストを尽くして下さる訳で

 

 

 

無理はさせないつもりなのでー

 

コンクール出場の有無を、様子をぎりぎりまで見て下さった先生に

 

 

 

 

 

しかたないよ!

 

早めに学年末テストの準備、時間もあったので、過去最高得点マーク。

 

夜もゆっくりめに、結構楽しく過ごしていた。

 

 

こんな時間帯でまわっていくのが、本来の姿だよなあ・・

 

今の教育制度の中じゃ、どうにもこうにもしようがなかったけど

 

 

 

3月のコンクールがあるから、と

 

この時は、コロナ休校に突入し、諸事情から欠場するとは夢にも思わず

 

 

そして、結局、娘のコンクールの晴れ舞台は見れずに

 

キャンセルきかない出演料だけ払うことになるお母さん

 

 

 

なんなんだかなあ・・・

 

でも、本当によくがんばってたね

 

お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

今年のお正月はとっても短かった

 

暮れは30日まで、明けは2日からー バレエのコンクールを間近に控え、レッスンに通う娘

 

午前中からでかけ、戻ってくるのは夜8時過ぎ。

 

うーん 大変

 

 

 

 

学校が始まってから、ようやく空いた時間でDVD三昧してた。

 

昨秋からの グランメゾン東京 より

 

キムタクは、中学生の間でも密かにブームらしい

 

 

 

かっこよさ  って あんまり変わらないのかも

 

 

 

母の方は、同じく、ようやくDVD鑑賞した 蜷川実花 x 藤原竜也 の Diner✨

 

映像の美しさ

 

テンポのよさ

 

曲のはまり具合

 

そしてやっぱり

 

藤原竜也✨

 

 

蜷川実花が創りだす、 このかっこよくも美しい世界には、やっぱり この人が一番なんじゃないだろうか!✨

 

 

久しぶりに嬉しく、何度も鑑賞♡♡

 

 

 

画面ばかり見てちゃダメ💢  と、与えた 🌹ベルサイユのばら🌹

 

キムタクブームの娘がこれを読み終わったら

 

ソフィア・コッポラの 🥀マリーアントワネット🥀 を一緒に観ようと

 

 

楽しみにしてるんだけど・・

 

(娘は時間があるならキムタク)

 

 

 

 

2019.1.16 こらむん Fukuoka    敬称略m_ _m

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

そしてー

 

娘は14才になる

 

 

お誕生日は、いつも

 

素敵な日にしてあげたいと

 

朝から、クッキング・片付け・クッキング

 

 

 

バレエのレッスンの後、クラスのみんなで

 

クリスマスマーケットに寄ってくるも、門限30分遅刻

 

ここも 締めどころ

 

がつんと叱らなければならないところ

 

 

 

まったくもう、母は疲れましたよ

 

お母さんを裏切るのは 最初で最後だそうだけど(スマホの件)

 

 

この先も、その都度 言って聞かせなくちゃいけないこと

 

たくさんあるんだろうなあ

 

 

あーあ

 

 

14才

 

けっこうな年齢になってきたじゃないか

 

 

 

 

2019.12.16 こらむん Fukuoka

 

 

 

 


 

 

 

 

 

iPhoneが届きます・・

 

申し訳なさそうに

 

 

 

ママには内緒にしてと、パパにiPhoneを頼み、ついにそれが送られてくる段になって

 

やばい、、と思ったらしい娘、中2、13才。

 

修学旅行へ行く前の晩、報告にきた。

 

あほか。

 

 

 

 

あれだけ、ダメだと言ったのに

 

この夏に、iPhoneを買って持たせ続けているのに

 

そもそも高校生からだと あれだけ言っていたのにー

 

 

 

 

頭にくるやら、がっかりするやらー

 

翌朝、笑顔では送り出せなかったですよ

 

 

 

 

お誕生日、クリスマス、と続く12月。

 

こちらだって、お誕生日には、クリスマスにはこれをと、すでに準備してあったりする訳だけれど。

 

 

 

 

お母さんに内緒でー も 子どもがとおる道だろう

 

そうやって、必要でないものを買って貰える抜け道も あって悪くはないだろう

 

 

 

しかしよりによってスマホですよ、スマホ。

 

夏から持たせてみて、やはりお友達とのやりとりも、スマホがあった方がよいのだろうと

 

こちらとしては、十二分に譲歩し続けている訳です。

 

起きたらすぐスマホ、寝る前までスマホ

 

になりそうになる娘を、しばきながら

 

 

 

でも、まあ中毒とまでには、なりそうにないから

 

テストもがんばっているようだし と

 

持たせ続けてあげたのが運のつき

 

 

 

これかよー

 

 

 

さすがに悪いことをしたーと思っている様子でもあるが

 

新しいスマホを手放す気など毛頭ない

 

 

 

 

反省しています と修学旅行から、一生懸命選んだらしいお土産を

 

買って帰ってきた。

 

 

 

でもね

 

これでおしまい って訳には いかない

 

そうできたら どんなに楽か

 

 

 

いったいどうしてやったらいいものか

 

考えあぐねた末に、妹に相談

 

 

 

お誕生日、クリスマスプレゼント、お年玉、 なし。

 

 

あんたの心が折れないか心配 と妹。

 

 

がんばります。

 

 

 

通達した夜は、はらはらと涙を流して悲しんでいたが、

 

自分がしたことの結果だから仕方ないと、受け止めた様子。

 

 

お祝いはするよと、誕生日は朝から娘の大好きな

 

サンドイッチ、特別なチョコレート、お昼もご希望のお肉卵どんぶり。

 

嬉しそうに、食していたので、よかった

 

 

 

 

京都っぽいと思って、と 鏡とくしのセット、綺麗なしおり

 

ガーゼだからいいかなと思って、可愛いでしょ?? と

 

だるまさんの刺繍のハンカチ。

 

 

君たちに まったく罪はないー

 

懐柔されてあげなくて、ごめんね、だるまさん

 

 

 

 

2019.12.15  こらむん Fukuoka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

尾花夏樹 の名前が記事に載って、

 

出鼻をくじかれる グランメゾン東京。

 

せっかく準備した食材をムダにしなければならない

 

 

 

ごめんなー

 

と呟く、そのバックには寂しげな曲が流れる

 

 

 

 

ふと振り返ると、

 

泣きそうな顔をしながらTVに見入る 娘、13歳。

 

 

 

あ〜 泣きそうになってるぅ〜 

 

声をかけると

 

かわいそう😢  

 

と、心から悲しげな返事。

 

 

大丈夫だから、みてて!

 

と思わず励ます おかあさん。

 

 

 

 

 

保育園に通い始めた、2歳くらいの頃

 

あーーっっっっ

 

お魚ちゃんがーーっっっ

 

 

という悲鳴に驚いて、かけよって見ると、

 

 

TVのアニメで 小さな魚が

 

ぽーんと放り出されて、そのままぽーんぽーんと飛んでいくシーン。

 

 

あああーーーーっっっ とあまりにお魚ちゃんを心配するので、

 

これは余計なものを見せてしまったかと、

 

家事を中断して、娘をなだめた、

 

 

お魚ちゃんがーーーーっっっ の一コマを思い出した。

 

 

 

 

せっかく評判となったフードフェスへの出店も、

 

ライバル店オーナーの江藤氏によって阻まれる

 

 

 

でも最後は、

 

美味しいものや、最高のサービスが

 

お客様に伝わり

 

客足が帰ってくる

 

 

 

なんか、何十年も生きていると

 

わかっているストーリー なんだけど

 

ドキドキ

 

ハラハラ

 

 

心からグランメゾン東京を応援しながら

 

TVにかじりつく お魚ちゃんな娘。

 

 

 

サイズだけはしっかり大人なんだけどね。

 

 

かっわいい > <  ♡♡♡

 

 

 

 

 

2019. 11. 21

こらむん Fukuoka

 

 

#グランメゾン東京

 


 

 

 

 

行ってらっしゃい❤  うーんと気をつけて!

 

行ってきます! ママ大好き♡ ママがいいよ😢

 

 

搭乗してから、何度もLINEでやりとりしながら

 

娘を見送った 早朝の空港

 

飛行機が動き出すまで✈

 

 

 

去年の夏休み、東京へ送り出した時は

 

まだ中1で、心細そうに何度も振り返りながら、旅立っていった。

 

 

 

今年は、背も一段と伸びて、たくましくなった2年生。

 

寂しそうな顔なんて見せずに、クールに

 

でもLINE の内容は、去年と変わらないね😄

 

 

 

しかし やっぱりスイスは遠いなー

 

あちらで家族が迎えてくれるとはいえ、

 

こんな遠くへ まだ一人でやらなくてもよかったかなあ・・

 

でもきっと、またたくましくなって帰ってくるだろう

 

 

まだ飛行機の中だなあと思いながら

 

どうしてるかな

 

宿題ちゃんとやってるかな

 

隣はおじさんだって言ってたけど、

 

いい人だったらいいな

 

 

スイスへ旅立つ 直前の海への一泊2日は

 

荷造りも任せて送り出し、

 

真っ黒に焦げて帰ってきた。

 

 

 

もー 💢  水着の上に何かはおっておかなくちゃダメじゃないかー!!

 

赤くほてった顔で出かけていったけど

 

疲れすぎて体調崩すことのないよう、ゆっくり休ませるようにメール。

 

 

 

今年の夏休みは、入って早々に 娘のインスタデビューで、

 

iPad との付き合いに、怒らなかった日はなかった、、と思うくらい

 

ふてくされるは、態度悪いわで それはそれは大変だったけど

 

こんな距離で送り出すと、もうそれはひたすら無事を案じるばかり。

 

 

 

期間限定と言い聞かせながら、初スマホを持たせて送り出しー

 

戻ってきてからは、またそのルールづくりで

 

大変😢だろうと思うけど

 

 

 

 

とにかく

 

 

気をつけて

 

 

安全に

 

 

楽しいお休みを送ってきますように!!

 

 

英語がんばれよ〜!

 

 

 

 

 

 

2019.8.14 こらむん Fukuoka

あと2時間くらいでチューリッヒに着く頃、、🐹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

それは、SUNNY に始まった。

 

長澤まさみに端を発した、娘の旅は、広瀬すず、そして SUNNに至る

 

珠玉の90年代J-POPと、豪華キャストで贈る、、 と、まさに。

 

私はこの歳になってまた、

 

安室ちゃんの Don't wanna cry  をこんなに毎日聞くことになろうとは

 

思ってもみなかったー

 

 

 

いや、しかし映画は面白かった!

 

あの頃、女子高生ではなかったけれど、あんな子達を見ながら、よく渋谷は歩いたし(何せ最寄りの一番大きな駅だったし)

 

私にとっては、クラブ活動が一段落して、一番カラオケ🎶でスパークしていた頃

 

まさに、何度歌ったかしれない曲たちが パレードする至極の映画であった。

 

 

ルーズソックスではじける女子高生の姿に

 

娘は

 

可愛い♡✨♡    るびぃもあんな格好したい!!✨  

 

楽しそうー!! とかなり打たれた模様。

 

 

 

確かに、、

 

あの当時は私も若かったし、

 

ふーん スカート短くなったんだ、でもノリだっさい くらいに思ってたのだろうけど

 

年をとって見る、はじけた女子高生たちはもう、可愛い以外の何ものでもない

 

 

 

確かにねー 今の学生たちには そういう表現の自由がないよね

 

いろいろ問題もあって、今のくだらなすぎる規則に至ったのだろうけど

 

自己表現をしたり 冒険をする始まりの年頃に それをさせないのってどうなの

 

 

 

今日は日曜日

 

娘は、バレエのお友達と久しぶりに待ち合わせをして

 

でかけて行った。

 

 

 

リップグロスって何???

 

うぇー ベタベタで気持ち悪い

 

お母さん、赤い口紅持ってないの??

 

 

お子ちゃまの時にもらった、グロスを投げ捨て

 

母の、色つきリップを嬉しそうに塗って

 

キラキラと出かけて行った。

 

 

 

長い髪がふわふわと柔らかい

 

あらー ちょっちょ🐹より 柔らかいわねー (母、ハムスター と比較)

 

 

 

 

いいね、そういう時期

 

楽しんでおいでー♡

 

バレエのレッスン、塾、学校と忙しい日々を送る 娘の休日が

 

輝いたものになるように祈りながら

 

 

かけっぱなしになった 安室ちゃんの曲をしばらく聴きながら

 

 

 

 

 

2019. 6.30 こらむん Fukuoka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

持っている服が どんどん小さくなって

 

着るものがないねえ、と娘に

 

新しいワンピースを2枚買った。

 

 

 

天気の良い日は、すでに日差しの重いここ九州で

 

ノースリーブ・ワンピースは既に活躍をはじめ

 

 

 

お洗濯してから着ようかと、

 

子ども服のころの調子で洗濯

 

 

 

軽くて使いやすいかもと

 

ずっと使っているベビーハンガーが、

 

大人サイズの大きなワンピースを吊るす

 

 

 

花柄と綺麗なブルーの2枚

 

色違いで、バレエのTシャツ3枚

 

 

 

昔は、このハンガーの先にちょこんっと小さい服が

 

下がっていたなあと

 

なんかもう想像つきにくくなっちゃったけど

 

 

 

 

美しく成長している娘が

 

嬉しく

 

誇らしく

 

 

 

 

大切に刻んでいきたいけど、飛ぶように流れていく毎日

 

 

 

 

 

 

2019.5.21  こらむん FUKUOKA

 

 

 

 


 

 

 

 

中学生になって

 

バレエのクラスが 上級にあがってからというもの

 

とにかく日々は一段とめまぐるしい

 

 

 

勉強も忙しい

 

学校の勉強がラクになるようにと 今年から通い始めた

 

週一の塾通いも

 

 

 

全ては順調に

 

大変だけど、楽しそうに こなす娘は、

 

はや中2

 

 

 

日々の こんなこと あんなこと

 

書き記しておこうと頭をよぎる

 

娘の成長を感じる ひとコマ

 

 

書き落とす前に 時間が過ぎていくなあ

 

 

 

 

身長も私に近づいて

 

靴のサイズもほとんど一緒になって

 

 

 

長い髪

 

また綺麗になったなあ

 

 

 

彼女にとって 平成は短かったそうだ

 

確かに。 

 

13年だねえ

 

 

 

 

 

2019.4.21 こらむん Fukuoka 🌿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





from NY