2018/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


 

 

 

 

 

中学生になって、帰りが遅くなった

 

もうすっかり大きくなってー

 

と感じる娘は、でもまだ 12歳で

 

変わらずに コロコロと くっついてくるハート ひよこ

 

 

 

あどけなくもあり、

 

しかし 反抗したい気分あひょうパンダハート の時の 凄まじさは

 

全くご勘弁願いたいほど

 

 

 

遅く帰って来て

 

その後、しっかり机に向かうので(・・えらい😢)

 

 

お風呂も遅くなった

 

 

 

 

今までは、早く寝てもらうために 

 

ひたすら

 

娘が入り終わるのを待っていたのだけれど

 

こっちが遅くなり過ぎるので

 

先に入るね〜

 

 

 

生活が少しずつ変わっていくなぁ 

 

 

 

 

涼しくなって 満開の朝顔に

 

毎朝喜びながら 娘を送り出す

 

 

 

台風、地震と災害が続いたこの頃

 

今日こそは防災袋のチェックを

 

一緒にしなければと  思いながら

 

 

 

 

 

 

2018.9.12 こらむん Fukuoka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

さぼっていた訳では、全くない

 

バレエの発表会前、夜遅くなる日が続く間も、ちゃんと✨毎日机に向かっていた

 

 

 

途中こどもキャンプや、2泊3日の小旅行など入ったが

 

それ以外は、ほとんど毎日ちゃんと机に向かっていたと思う・・

 

 

 

6泊7日、おじいちゃんの家でも

 

帰ってきてからも。

 

 

 

どう考えても、、宿題多すぎ! 休みじゃないだろ、これじゃ💢

 

と怒る母をよそに、

 

ひたすら

 

ていねいに

 

 

 

時々   

 

ママ〜〜   と癒しを求めつつ

 

 

本当によくがんばるなあ・・

 

 

 

えらい! がんばれ!  とひたすらエールを送る母。

 

 

早くかき氷食べにいこうぜ〜〜〜

 

 

 

東京から戻った娘は、思ったより 小さかった^.^

 

 

ずいぶん大きくなって

 

場所とるなあと思ってたけど、

 

まだ可憐で 可愛いひよこ 中学1年生でした

 

 

 

お母さんも ゆっくりできたし

 

相変わらず、予定ぎゅうぎゅうな夏休みだったけど、

 

よかったことにしよう!

 

 

 

残り2日

 

明日はポスター2枚 ー。ー  (だから、多すぎるっつーの💢)

 

 

 

 

 

 

2018.8.24 こらむん Fukuoka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

今年の夏休みは、東京のおじいちゃんの家に一人で ✈

 

飛び立つその日は、台風の影響危ぶまれ

 

しかし事なく

 

 

 

ママがいいな・・ ひよこ

 

心細そうに 何度も繰り返しながら

 

でも、空港ではしっかりと前を向いて

 

出かけていった 

 

 

 

送り出すこちらも ドキドキ > <

 

空港のカフェで、離陸するまでの間、メールを交換しながら

 

保安検査場を通り、何度もなんども 手を振りながら ハート

 

 

 

無事に羽田に着いたかと、航空会社のHPとにらめっこしながら

 

おじいちゃん達と無事に会えたのメールに

 

ほっと一息ハート あひょうパンダ

 

 

 

よかったよかった

 

 

 

東京では、バレエのサマースクールに参加

 

おじいちゃんと一緒に、英語の宿題を終わらせる予定 ✴

 

 

 

お母さんは、、、、

 

今年の夏休みは、子どもキャンプのあとすぐの東京

 

3泊、そしてなんと6泊!!

 

 

 

ゆーっくり ゆーーーー   っくり

 

 

 

 

もともとしっかりしてる娘だけど

 

一段としっかりしてきた中学1年生

 

一人で出しても大丈夫かな(おじいちゃん家だし) という安心感があった

 

 

 

でも あひょうパンダ💦

 

十分に気をつけてね

 

しっかりね

 

楽しんできてね

 

たくさん吸収しておいでね✨✨

 

 

 

 

可愛い子には旅をさせ・・・ の 

 

最初の一歩 なのかも

 

 

 

がんばってね!! ハート あひょうパンダハートひよこ

 

 

 

 

 

 

2018.8.18 こらむん Fukuoka

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

入学してすぐの自然教室が終わったと思ったら、

 

次は体育大会。

 

 

自然教室では、委員長を務め

 

体育大会のリレーに向け キラキラと輝く娘は

 

 

なんか

 

小学生の時とは

 

もう違う。

 

 

 ”中学生" になったんだなあ。

 

2ヶ月くらいで何が変わるものかと思うけど。

 

 

 

 

この間は寄り道。

 

おやつに一緒に食べようと思って用意していた菓子パンを

 

お腹がすいて、一人で食べてしまったDocomo_kao19

 

そうか、こんなに遅くなることもある訳か・・

 

 

 

 

 

体育大会では、風をきって走り

 

瞬足を披露˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚   (・・そういえば、瞬足ってスニーカー小さい時に欲しがったなあ)

 

綺麗に走ってた

 

 

 

 

大会の時のお昼は、お友達とー が

 

上級生のスタンダードらしいが、

 

 

家族で食べる! と 今日も一緒に。

 

めったにつくらない唐揚げも、嬉しかったらしい

 

 

 

 

暑くてこっちはクタクタだったけど、

 

まあ

 

とにかく

 

無事に終わってよかったよかった。

 

 

 

 

今年が最後のお弁当かな??

 

どんどん成長していく娘

 

 

 

 

安心して

 

自分のペースでハートひよこほっしぃ

 

 

 

 

2018.5.27  こらむん Fukuoka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

だから〜 小児科、、?

 

未来の社会を多少考えるようになったらしい。

 

 

ん?

 

ああ、少子化ね。。

 

本人もイマイチ自信なさげに繰り出す、新しい言葉。

 

 

 

 

しょうしゅう しなくちゃいけないから〜

 

え?(召集、もしかすると消臭か??)

 

なに、召集されたってこと??(係として)

 

 

 

 

違うの!召集するの!

 

はい・・

 

 

体育大会まぢか、どうやら点呼の係、、らしい。

 

召集係なんだそうだ。紛らわしい。

 

 

 

 

誇り高く「召集する」かと思えば、

 

「まじムカつく」し「うざい」し、「キモい」。

 

言われるこっちも言葉が悪いので、頭にくるし、カンカンに怒る。

 

悪い言葉の方は、こなれ感、ハンパない。

 

 

 

 

ぽんぽんと繰り広げる、「ムカつく」も、こなれてはいるものの

 

その浅さは、少子化と同じくらいだと思っておこう。。

 

そうでもしないと身がもたないっすDocomo_kao19

 

 

 

 

 

2018.5.23 こらむん Fukuoka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

中学校生活が始まった 娘 12才

 

 

 

学級委員になった

 

母は 否定的に見がちな 中学校のルールも

 

体育の先生の 厳しすぎるのではないかと思う指導も

 

彼女にとっては 全て目新しくて 新鮮kirakira

 

 

 

こんなことがあった

 

あんなことがあった

 

話してくれるその瞳は、本当にきらきら✨ 輝いている

 

 

 

私の価値観を 押し付けちゃいけないなー

 

改めて思う

 

 

 

楽しそうで 楽しそうで 入りたくて仕方のなかった部活は置いて

 

バレエのために 帰宅部

 

発表会には、上級生の演目に出れることになった

 

 

 

友達関係

 

バレエの立ち位置

 

 

泣いたり 笑ったり

 

毎日 コロコロ違う表情を見せながら

 

 

 

ご機嫌でいてくれれば安心

 

悲しそうにしていることは、よっぽど先生にフォローを頼もうかと 眠れぬ夜を過ごす母

 

 

 

でも 本当に

 

まっすぐに

 

きらきらきらきら 輝く瞳

 

何よりも しっかり支えていきたい

 

 

 

がんばれハート あひょうパンダハートひよこ

 

 

 

 

 

 

2018.4.24  こらむん Fukuoka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

ぴよぴよぴよ

 

ちゃんとついてきてるなー

 

 

改札を通るたび、「いますよー」「ここですよー」

 

よしよし と可愛い我が子の存在を 確認していた 子ども切符の音からも    卒業

 

(料金いきなり倍ってどうなの?Docomo_kao19

 

 

 

 

小学校の 卒業式の翌々日に、ようやくベッドが届いた。

 

念願の一人部屋、お母さんの仕事部屋と、交換、大移動ー

 

 

 

入学のお祝いに

 

新しい自転車も買ってもらった

 

 

桜はとうに散ってしまったけど

 

制服と 自転車と

 

パチリ

 

 

 

入学式の今日は

 

田舎へ引っ越す おじちゃんへ、力作の色紙とコーヒーセットをプレゼント

 

 

 

移動の多い 春

 

変化の多い 春

 

 

ぴよぴよぴよ を懐かしく、ちょっと寂しくも感じながら ひよこ

 

明日は制服の娘を送りだす

 

 

 

がんばれ!!

 

 

 

春休みは、家事がんばってくれたハート

 

漫画もたくさん読めたねニコ

 

 

 

3年後の卒業式には

 

着物くらい着る余裕を持っていたい と

 

節に願う お母さん

 

 

お母さんも がんばるね!

 

 

 

2018.4.11 こらむん Fukuoka

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

小学校の卒業式

 

泣きながら退場する娘に、心から拍手を送りながら

 

 

 

本当に頑張ったね

 

いい6年間だったかな

 

お母さん、十分にあなたのサポートができたかな

 

 

 

桜にはもう少し、寒くなった3月の日

 

強風に煽られながら、校門で記念撮影

 

 

 

大きくなった

 

立派になった

 

ありがとう ありがとう ありがとう

 

 

 

宿題大変だったね

 

自学、本当に頑張ったね

 

 

 

卒業するの嫌だなあ と淋しそうだった娘。

 

 

 

皆さんは、十分に巣立ちの準備ができました。

 

思いきり羽ばたいていってください。

 

校長先生のお話が、ストンと胸に落ちる。

 

 

 

ああ、卒業式ってやっぱり、そういう区切りをつけるための

 

大切な式なんだなーと、妙に晴れ晴れした気持ちになった。

 

 

 

 

4月からは また新しい生活が始まる

 

もうすぐ中1の女子は、お友達の来福もあり、春休みを満喫中。

 

 

 

お母さんも、新しいステージに。

 

ああ、頑張らなきゃ > <

 

 

いい春休みを過ごそうね

 

十分チャージして、新生活に滑り出そう!

 

 

 

 

2018.3.30 こらむん Fukuoka

やっと書けた! 卒業式の週末、やっとの思いでバッタバタ部屋の入れ替え、仕事終わらせながら、久しぶりの東京へ・・

新生活へ続く,,,

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

今年も無事、ひな祭りを終えた。

 

”無事” って、飾り言葉のようだけど、本当に ”無事”に、やっとの思いで終えた。

 

忙しくて

 

いっぱいに働いて

 

クタクタに疲れてるのに

 

 

 

え、 私まだ働かなくちゃいけないの?? と 悲鳴にならない瞬間

 

体から拒否反応

 

鼻がとまらなかったり、顔が真っ赤になったり

 

よっぽど中止にしようかと思ったけど

 

 

 

 

綺麗に座ったお雛さま

 

箱から出したあと  

 

 

えー!こんなに小さかったっけ??

 

 

と 遂にこの春、おばあちゃんの背丈を越えた、6年生の娘。卒業間近ー

 

 

 

お母さんとも、目線が同じになってきた

 

もうー 今日どうしようかと思ってDocomo_kao19

 

手伝ってくれるのだったらと、一緒に準備した。

 

 

 

ああ、そうか

 

一体いつまで、やらなきゃならないんだろう??

 

そう思っていた行事ごとは、

 

これからは、娘と一緒に楽しみながらつくるイベントに

 

したらいいのか

 

 

 

大きかったお雛様が、今年は小さく見える

 

母親って、子どもの視線でモノを見るんだな

 

 

 

 

 

2018. 3. 5 こらむん Fukuoka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 娘の初めてはいつも突然やってくる。

 

今年は手づくりチョコ🍫

 

6年女子は ”手づくり" なんだそうだ。(去年は私がまとめ買いした、お付き合いチョコで間に合わせていた)

 

 

 

手づくり・・って言っても、チョコレートからつくる訳ではないので、

 

溶かして 固める。

 

ナッツを刻んで入れる。

 

マシュマロをちぎって入れる。

 

 

 

仲良しの男の子から "手づくり” のリクエストもあるらしく

 

図々しいわねー怒り

 

ママ、男子ってそういうもんだから!

 

(そうですか、勉強になります・・)

 

 

 

ラッピングは当日でいいというので、早い時間に約束するなと言い渡し

 

買い物からの帰り道、娘からの電話が鳴る。

 

 

ママーゆう★ 急いで!!

 

4時半しかあいてないって、もう15分になるやんか怒り怒り

 

 

 

 

娘に手ほどきしようと思っていたラッピング、

 

本人上手く行かずにパニクるので、黙々とこなす母。

 

そういうところまで、楽しんでやってみてはと、せっかくスタンバッているのにkyu

 

 

 

 

ああ、このように バタバタバタバタ バタバタバタバタ と、

 

月日が流れて行くのだなあ・・

 

 

 

初めてバレンタインのチョコレートをあげたのは、確か中2の時だった。

 

一番かっこいいと思ってた先輩に渡して、そのあと、お付き合いするようになったっけ。

 

何するでもなく、すぐにお別れしちゃったけど。

 

 

 

 

仕事へ向かう車の中、ラジオから流れてた バレンタインデイ・キスonnpu

 

あの頃は、バレンタイン というもの自体がすごく新鮮だった。

 

 

 

きっと娘もあんなドキドキ感で、今日という日を過ごしたんだろう。

 

しかし昨今、友チョコの多さに閉口しますわ。

 

 

 

 

 

 

2018. 2.14  こらむん Fukuoka

気づいたら12、1月お休みしてました。。 忙しかった T T

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





from NY