2018/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


 

 

 

ぴよぴよぴよ

 

ちゃんとついてきてるなー

 

 

改札を通るたび、「いますよー」「ここですよー」

 

よしよし と可愛い我が子の存在を 確認していた 子ども切符の音からも    卒業

 

(料金いきなり倍ってどうなの?Docomo_kao19

 

 

 

 

小学校の 卒業式の翌々日に、ようやくベッドが届いた。

 

念願の一人部屋、お母さんの仕事部屋と、交換、大移動ー

 

 

 

入学のお祝いに

 

新しい自転車も買ってもらった

 

 

桜はとうに散ってしまったけど

 

制服と 自転車と

 

パチリ

 

 

 

入学式の今日は

 

田舎へ引っ越す おじちゃんへ、力作の色紙とコーヒーセットをプレゼント

 

 

 

移動の多い 春

 

変化の多い 春

 

 

ぴよぴよぴよ を懐かしく、ちょっと寂しくも感じながら ひよこ

 

明日は制服の娘を送りだす

 

 

 

がんばれ!!

 

 

 

春休みは、家事がんばってくれたハート

 

漫画もたくさん読めたねニコ

 

 

 

3年後の卒業式には

 

着物くらい着る余裕を持っていたい と

 

節に願う お母さん

 

 

お母さんも がんばるね!

 

 

 

2018.4.11 こらむん Fukuoka

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

小学校の卒業式

 

泣きながら退場する娘に、心から拍手を送りながら

 

 

 

本当に頑張ったね

 

いい6年間だったかな

 

お母さん、十分にあなたのサポートができたかな

 

 

 

桜にはもう少し、寒くなった3月の日

 

強風に煽られながら、校門で記念撮影

 

 

 

大きくなった

 

立派になった

 

ありがとう ありがとう ありがとう

 

 

 

宿題大変だったね

 

自学、本当に頑張ったね

 

 

 

卒業するの嫌だなあ と淋しそうだった娘。

 

 

 

皆さんは、十分に巣立ちの準備ができました。

 

思いきり羽ばたいていってください。

 

校長先生のお話が、ストンと胸に落ちる。

 

 

 

ああ、卒業式ってやっぱり、そういう区切りをつけるための

 

大切な式なんだなーと、妙に晴れ晴れした気持ちになった。

 

 

 

 

4月からは また新しい生活が始まる

 

もうすぐ中1の女子は、お友達の来福もあり、春休みを満喫中。

 

 

 

お母さんも、新しいステージに。

 

ああ、頑張らなきゃ > <

 

 

いい春休みを過ごそうね

 

十分チャージして、新生活に滑り出そう!

 

 

 

 

2018.3.30 こらむん Fukuoka

やっと書けた! 卒業式の週末、やっとの思いでバッタバタ部屋の入れ替え、仕事終わらせながら、久しぶりの東京へ・・

新生活へ続く,,,

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

今年も無事、ひな祭りを終えた。

 

”無事” って、飾り言葉のようだけど、本当に ”無事”に、やっとの思いで終えた。

 

忙しくて

 

いっぱいに働いて

 

クタクタに疲れてるのに

 

 

 

え、 私まだ働かなくちゃいけないの?? と 悲鳴にならない瞬間

 

体から拒否反応

 

鼻がとまらなかったり、顔が真っ赤になったり

 

よっぽど中止にしようかと思ったけど

 

 

 

 

綺麗に座ったお雛さま

 

箱から出したあと  

 

 

えー!こんなに小さかったっけ??

 

 

と 遂にこの春、おばあちゃんの背丈を越えた、6年生の娘。卒業間近ー

 

 

 

お母さんとも、目線が同じになってきた

 

もうー 今日どうしようかと思ってDocomo_kao19

 

手伝ってくれるのだったらと、一緒に準備した。

 

 

 

ああ、そうか

 

一体いつまで、やらなきゃならないんだろう??

 

そう思っていた行事ごとは、

 

これからは、娘と一緒に楽しみながらつくるイベントに

 

したらいいのか

 

 

 

大きかったお雛様が、今年は小さく見える

 

母親って、子どもの視線でモノを見るんだな

 

 

 

 

 

2018. 3. 5 こらむん Fukuoka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 娘の初めてはいつも突然やってくる。

 

今年は手づくりチョコ🍫

 

6年女子は ”手づくり" なんだそうだ。(去年は私がまとめ買いした、お付き合いチョコで間に合わせていた)

 

 

 

手づくり・・って言っても、チョコレートからつくる訳ではないので、

 

溶かして 固める。

 

ナッツを刻んで入れる。

 

マシュマロをちぎって入れる。

 

 

 

仲良しの男の子から "手づくり” のリクエストもあるらしく

 

図々しいわねー怒り

 

ママ、男子ってそういうもんだから!

 

(そうですか、勉強になります・・)

 

 

 

ラッピングは当日でいいというので、早い時間に約束するなと言い渡し

 

買い物からの帰り道、娘からの電話が鳴る。

 

 

ママーゆう★ 急いで!!

 

4時半しかあいてないって、もう15分になるやんか怒り怒り

 

 

 

 

娘に手ほどきしようと思っていたラッピング、

 

本人上手く行かずにパニクるので、黙々とこなす母。

 

そういうところまで、楽しんでやってみてはと、せっかくスタンバッているのにkyu

 

 

 

 

ああ、このように バタバタバタバタ バタバタバタバタ と、

 

月日が流れて行くのだなあ・・

 

 

 

初めてバレンタインのチョコレートをあげたのは、確か中2の時だった。

 

一番かっこいいと思ってた先輩に渡して、そのあと、お付き合いするようになったっけ。

 

何するでもなく、すぐにお別れしちゃったけど。

 

 

 

 

仕事へ向かう車の中、ラジオから流れてた バレンタインデイ・キスonnpu

 

あの頃は、バレンタイン というもの自体がすごく新鮮だった。

 

 

 

きっと娘もあんなドキドキ感で、今日という日を過ごしたんだろう。

 

しかし昨今、友チョコの多さに閉口しますわ。

 

 

 

 

 

 

2018. 2.14  こらむん Fukuoka

気づいたら12、1月お休みしてました。。 忙しかった T T

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

あ、もう11月になっちゃった! 

 

と思ったのはついこの間、そしてもう半ば。

 

深まる秋、終わらない仕事。

 

 

 

小さな 嬉しいハート を、たくさんたくさん、くれる娘に

 

渡したかった手紙を やっと書いた あひょうパンダ

 

 

 

来月はお誕生日

 

忙しくなる年末。

 

 

 

サンタクロースは親だと知った、去年のショックから

 

いつのまにか立ち直ってる模様ほっしぃ

 

 

 

夢いっぱいに育ってほしい

 

たくさんの愛を受け取って

自分も愛を与えられる人になってほしい

 

子どもたちの幸せな顔がみたくて

サンタクロースは、その子の幸せを願う人々に

自分の思いをたくします。

 

Rubyちゃんのお母さんもそのひとり。

 

Rubyが幸せに成長するように願いながら

毎年サンタクロースの代わりをしています。

 

今年、もしかしたら Rubyちゃんの夢に

”サンタのおじさん” は来ないかもしれないけど、

そんな願いがRubyの周りにあふれていることを

いつも感じていられますように

 

 

 

去年のサンタさんからの手紙(母作)

 

なかなか、名文じゃないか〜あひょうパンダ

 

 

 

 

 

 

2017.11.14 こらむん Fukuoka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

そう ここ3年間

 

6月は ドッジボール大会の季節 であったー  

 

 

 

初めて参加した、娘3年生の年 

 

チームの6年生が負けて、流す涙に もらい泣き

 

4年生からスタメンに入った娘と

 

その年の 熱血監督 と一緒に

 

燃える6月 は始まった

 

 

 

町内対抗、 スポーツ大会、  女子はドッジボール。

 

 

今まで 役は特になかったが

 

母、(自称)副監督だったり、コーチだったりと練習では、大いに指導。

 

6月最終の日曜日、大会当日へ向け

 

 

声を出してー! 

 

もっと腰を落としてー!   

 

 

 

去年は、なんと優勝ぴかぴかをかざり、 今年は監督。(ついでに子ども会・副会長)

 

娘、キャプテンは譲り、 しかし選手宣誓、 エースとしても大活躍。

 

 

 

 

当初、チームができるか危ぶまれた 人数不足。

 

しかし新3年生の参加で、どうにかチーム成立。

 

圧倒的に不利な学年構成だったが、なんと3位入賞を果たしぴかぴか

 

名監督だったよ〜 と嬉しい声も あひょうパンダonnpu

 

 

 

 

可能性がない訳じゃないと

 

信じて

 

全力投球した 娘は

 

負けて 

 

きれいな きれいな涙を 流していた

 

 

 

あなたがいなかったら、3位にだって絶対なれなかったよ

 

 

 

親子揃って、全力投球の6月、完全燃焼。

 

こんなスポ根な言葉が ぴったりと当てはまる 

 

 

 

いや〜 楽しかった!!

 

 

娘の素晴らしい活躍ぶり、全力投球ぶりにも 大感動

 

 

6年生で、最後の大会だけど 一片の 悔いなし!!

 

 

ありがとう  kirakira*¥(^o^)/*kirakira

 

 

 

 

 

 

2017.7.6  こらむん Fukuoka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

いってらっしゃい!

 

6年生の修学旅行

 

子どもの成長って 本当に早いなあ・・・

 

 

 

6月は毎年 地域のドッジボール大会にでる

 

これがまた、すっごく楽しくて、特に高学年になってからは、親子で大いにはりきっている

 

去年はなんと優勝✨

 

 

 

頼りなく、ぴよぴよと6年生の後ろに隠れていた 初参加、3年生のとき

 

あの時の6年生は、これくらいの身長だったのかなあ と

 

今年はエースとして大活躍の 娘を見ながら思う

 

 

 

練習初日の翌日、1泊で長崎へ

 

春休みにさんざん遊んだ ハウステンボスを楽しみに

 

 

 

何かお守りを 持って行きたいハート

 

と、前夜とつぜんのリクエストに、

 

お守りカード をつくった。

 

 

 

小さなカードに メッセージとイラストを入れて 少し色をぬって

 

お財布に入れる

 

 

 

朝  可愛い!  とお守りカードに喜んで

 

パタパタと出かけていった。

 

 

 

あとから学校へお見送りにニコ

 

嬉しそうにバスの中から手をふって 出かけていった娘は

 

相変わらず 素直で 可愛い

 

一緒に笑えることもたくさん ずいぶん達者になった

 

 

 

気をつけて行ってきてね!

 

楽しい旅行になりますように

 

 

 

 

 

2017.6.8  おかあさんより

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

そうかー

 

 

今年の初めは、友人の選挙応援に駆け回り 

 

直後に始まった議会、一般質疑を見届けて

 

春休み前にインフルエンザ

 

娘のをもらった訳だけど

 

初めてかかったんじゃないかというくらい、インフルエンザになった記憶がない

 

 

 

 

やっぱり、相当疲れていたんだなー  と納得

 

春休みの後半を娘と二人で遊びたおし  ✨楽しかったー✨

 

 

 

 

そのまま新学期

 

お休み最終日に帰ってくる、、っていうのはもう止めよう  と反省 

 

 

 

 

 

あっという間の 6年生

 

娘は いつの間にか

 

私の顎のラインを大きく超えて 立派になっている

 

 

 

 

 

母が寝込んでいる間に  ずいぶんと家事もこなすようになり

 

入学式で1年生を迎えに 披露した歌は

 

彼女が1年生だった時に、6年生が歌ってくれた歌

 

素晴らしくって 感動したっけ

 

 

聞きたかったなあ・・

 

 

 

 

今年は 桜が少し長く

 

今週末くらいまでは 葉桜が楽しめそうかな

 

 

 

 

明日は日曜日

 

久しぶりに ゆっくり

 

 

 

 

 

 

2017.4.15 こらむん Fukuokaさくら

入学式の日は、仕事入れちゃってたおかあさん。覗きに行きたかったな・・

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

それは突然やってきた。

 

 

11歳のお誕生日にと、お友達も一緒にスケートへ出かけた日

 

 

疲れて帰ってきて、ゲームなんかもして遊んで、

 

楽しかった1日が終わろうとしている頃

 

 

 

 

なにかの話から、一人が 

 

 

サンタクロース、かっこ親(親)だよ

 

 

 

 

おぉぉっっー

 

キッチンのおかあさん、聞こえないふり。

 

 

 

 

え? 知ってるよね、あれ?? 言っちゃいけなかった?!

 

 

ありゃ〜〜

 

 

 

 

他の(まだ知らない)二人は、 え!? という顔をしている。

 

 

 

おかあさん、そうなの!?  と娘。

 

 

 

いや〜 違うんじゃないの? とごまかし、その場は終わったが、お友達が帰ったあと

 

 

 

おかあさん、本当のこと言って! と真剣な瞳、 ・・・・・おかあさんは真実を伝えるに至った。

 

 

 

 

 

 

ぽろぽろと 大粒の涙をこぼしDocomo_kao19 しばらくの間 泣きくれた娘は

 

本当にサンタさんが来てくれていると、今のいままで信じていた。

 

 

 

 

クリスマス・イヴの夜は  .・。・*シャン.・シャン。・* シャン・.シャン・* シャン。・*ぴかぴか 

 

トナカイが引く ソリに乗ったサンタさんが 空を飛んでくる鈴の音を

 

聞きながら眠っていたらしいー ツリー

 

 

 

 

ああ、、そうだったんだー

 

それはよかった、幸せ、だねえ

 

 

 

 

毎年書いていた、サンタさんへのお手紙も

 

サンタさんのために用意していたコーヒーも、クッキーも

 

今年から なしー かDocomo_kao19

 

 

 

サンタさんは、神様みたいに目には見えないけど、

 

あなたを愛する人たちの気持ちの象徴なのだー と

 

いきなりの出来事への 必死の説明に

 

 

 

これからもサンタさんを信じるね!! と最後には涙をぬぐってくれた

 

 

 

毎年左手で書いてきた、サンタさんからの手紙(お返事)

 

サンタさんは外人だから、全部ひらがな、「と」は反対を向いてた。

 

今年も と を反対に書くんだぞー  と娘。

 

 

 

 

毎年、眠いのをこらえて がんばってお手紙書いたり、プレゼントを準備したり

 

大変だったけど

 

あんなにも尊い時だったかー  

 

と、 言葉にならない。

 

 

 

 

 

お手紙書いてね! と寝た娘。

 

はいはい、今年も書きますよ

 

 

 

 

これからは どんなクリスマスになっていくだろう

 

 

 

 

今日は、キャンドルをたくさんつけて

 

シンプルに、クリスマス・イヴの夕ご飯を食べた

 

 

 

 

綺麗だったねツリー

 

 

 

 

 

 

 

2016.12.24  こらむん Fukuoka ....   Merry Christmas!  今日はミサにも行けましたき

 

追記・・クリスマスの朝、娘が左手で書いた、サンタさんからおかあさんへのお手紙が届いた^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

体調を崩した帰国のあと、

 

翌日、学校がはじまり (なるべく長く居ようと欲張りすぎ)

 

仕事も山積み

 

 

 

娘のバレエも新しいクラスが始まり

 

ママの仕事の体制も少し変わり

 

週末の来客などもあったりし

 

 

 

9月10月 なんて目まぐるしく過ぎていったことだろう・・

 

 

 

そんな中

 

 

 

娘は自分でシニヨンをして レッスンに出かけられるようになりDocomo_kao19kirakira ついに・・

 

丸くなった顔は、日本食にもどったとたん、すっと元にもどり

 

 

少年体系から、ほーんの少しだけど、胸のふくらみの気配kirakirakirakira

 

おぉ〜〜〜!(おかあさん)

 

 

でも相変わらず

 

 

犬がじゃれるように

 

 

人が寝転がっていると 隣にもぐりこんできて邪魔をして

 

 

何かして といえば

 

 

やだー!  と必ず言う

 

 

 

いいよ

 

 

 

いつまでも そんなで可愛くいてくれて

 

 

 

でも外ではかっこつけて がんばってる

 

 

 

がんばれ!!!ニコ

 

 

 

 

 

2016.11.3  こらむん Fukuoka ほっしぃ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





from NY