2018/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


 



 3月11日(金)午後、あの揺れが起ったのは、2時46分だったかと、帰宅してからテレビにかじりつき、翌日上空から撮影された、田畑を覆っていく津波のニュースを見て、その惨事に言葉を失い、この災害が直後に ”東北関東大震災” と過去の出来事かのように名付けられたのが、耳慣れず。



”想定外” だったという今回のマグニチュード、そして津波。
自然の力の前に、人間が ”想定” できることの限界を、まざまざと見せつけられた。



今、福島原発の現場で作業をしてくれている方々に、心からの応援と感謝を。
どうか、どうか、踏みとどまってがんばって下さい。
貴方の手に多くの命が、日本の未来がかかっています。


被災者の方々、犠牲者の方々、そしてそのご遺族の方々へ
心からのお見舞いとお悔やみを。
どうぞ、希望を捨てることなく、未来を信じていてください。



今後、見直していかなければならない、エネルギー供給の問題。
いかなる理由があれ、制御不能になる可能性のある危険物質を、産業にしてはいけない。



でも、今はとにかく、皆さんどうぞご無事で。
義援金しか今できることがありません。そして、心からお祈りしています。



がんばって下さい。


一人でも多くの方に援助が届きますように。







2011.3.17 こらむん Fukuoka












 






from NY