2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>








FB
を眺めていたら

ふと彼女のこどもの写真が投稿されているのを目にして

思い出したこの感じ

ちょっと書いてみておこう




可愛くて 聡明な 10歳ほど年下のママ

自分は受け入れられて ”当然” という

どこか遠慮のないところが



ふだんは全くわからない、独特の”自分が上” みたいなトゲが

ふとした時に見え隠れした



平たく言うと、図々しいのだけれど



彼女の娘もそんなところがあって

他の同じ年頃の子たちと しょっちゅうケンカになっていた




子どもの場合は


私が一番可愛かったり


私が一番かまってもらえる のだったり


**ちゃんより 私の方がえらかったり


する訳だけれど


ま、彼女の本質も同じようなところにあったのだろう





それは、自尊心が高い・・ということなのだろうから

頭から否定することはしないが

何かのときに、他者への心くばりとか、気づかいが、思ったほどに存在していないと、

いきなり知らされることがあった




彼女ほど ”勝って” ない人であれば

ちょっと気配りがぬけていたりとか 失礼だったりしても

気づかないのね。。 で終わるところを



私の言うことは当然・あたりまえ  と言わんばかりになってしまう

ふだんから得点高めの彼女の場合は こんなところに意外な落とし穴があったわけね 




やっぱり、人への心くばりは、大げさすぎてもいいくらい

大切ですね







2016.3.14 こらむん Fukuoka   

 あ!今日はホワイト・デーだったか〜 先月は世紀のバタバタだったからな・・・



 




 




comment









trackback




from NY