2018/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


 

 

 

 

そう ここ3年間

 

6月は ドッジボール大会の季節 であったー  

 

 

 

初めて参加した、娘3年生の年 

 

チームの6年生が負けて、流す涙に もらい泣き

 

4年生からスタメンに入った娘と

 

その年の 熱血監督 と一緒に

 

燃える6月 は始まった

 

 

 

町内対抗、 スポーツ大会、  女子はドッジボール。

 

 

今まで 役は特になかったが

 

母、(自称)副監督だったり、コーチだったりと練習では、大いに指導。

 

6月最終の日曜日、大会当日へ向け

 

 

声を出してー! 

 

もっと腰を落としてー!   

 

 

 

去年は、なんと優勝ぴかぴかをかざり、 今年は監督。(ついでに子ども会・副会長)

 

娘、キャプテンは譲り、 しかし選手宣誓、 エースとしても大活躍。

 

 

 

 

当初、チームができるか危ぶまれた 人数不足。

 

しかし新3年生の参加で、どうにかチーム成立。

 

圧倒的に不利な学年構成だったが、なんと3位入賞を果たしぴかぴか

 

名監督だったよ〜 と嬉しい声も あひょうパンダonnpu

 

 

 

 

可能性がない訳じゃないと

 

信じて

 

全力投球した 娘は

 

負けて 

 

きれいな きれいな涙を 流していた

 

 

 

あなたがいなかったら、3位にだって絶対なれなかったよ

 

 

 

親子揃って、全力投球の6月、完全燃焼。

 

こんなスポ根な言葉が ぴったりと当てはまる 

 

 

 

いや〜 楽しかった!!

 

 

娘の素晴らしい活躍ぶり、全力投球ぶりにも 大感動

 

 

6年生で、最後の大会だけど 一片の 悔いなし!!

 

 

ありがとう  kirakira*¥(^o^)/*kirakira

 

 

 

 

 

 

2017.7.6  こらむん Fukuoka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


comment









trackback




from NY