2018/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


 






あっという間に11月が終わろうとしているー


来月 右のおっぱいも無事少しだけでてきた娘 は、10歳になる。


このブログを始めたのは、彼女が1歳の時だった!



長い年月でもあったし


あっという間でもあった



るびぃちゃんとの日々は

大変だけど本当にきらきらしている



ありがとう




そんな彼女が今打ち込んでいる、バレエ

運よくか悪くか、偶然入ってしまったよいお教室。



おかげで、すくすくと上手になって

最後のポーズですっと伸ばす指先から


キラキラキラ ~   と妖精の粉が 


降り落ちているように見えるのは


親バカなお母さんだけだろうか 




これからも健やかに


きらきらしていこうね







2015.11.27 こらむん Fukuoka   来月のお誕生日前に

 








 





夏休みー 暑い暑いと、Tシャツをぬぎすて、上半身裸で、ニコニコとそうめんをすする娘


ふわふわと丸っこかったのが、すらっと細長くなって、その姿はまるで少年のようだ





無駄な肉のない   


この時期だけなのだろう


中性的、とでも言うか


こんな少年のような姿を見るのも、あと僅かなんだろうなあと思いながら




長い栗色の髪  全く気どりけなく(もう少し女の子らしくなくていいのかね・・)



前かがみで、ずずずっと勢いよくソーメンをすする






男の子みたいー


ええ? なんで???



なんて会話をついこの間までしていたのですが、先日





おや??


るびぃちゃん、おっぱいが!!



えへへ  と 無邪気に笑う娘





左のお胸の真ん中が、少しだけ、膨らんでいる!!


おおおおお〜!


え、いつから??


夏休みくらいから? ほんとにここ最近のことらしい。





左のおっぱいだけ、大きくなってきた〜 (娘)




わー


そうだよね、4年生だもんね




右がでてこない〜 


すぐにでてくるよ^^






あっという間に、今度は女性の体型になるんだろうなあ




少女時代とはいつまでを言うんだろう











2015.9.24 こらむん Fukuoka 









 







今年10歳になる娘がバレエを始めたのは、4歳になってすぐ。


可愛いスカート付きのレオタードでちょこまか走っていたのが、


福岡へ来て、教室を変わって、はや4回目の発表会が今年も終わった。





夏休み途中の発表会は、”夏休みとは遊んで過ごすものである” (仕事はあるが)の母へ

多大なストレスを与える。

きれいな海が近くにあるのに娘の体調を考え、遊びに行けない。

そもそもこの暑いのにエスケープできずに、街にとどまらなければならない。



しかし、ありがたいことに、今年はソリストのパートを頂いた。

ますます休めない、、、


しかも娘は バレリーナになる!! と言っている。。。








私が彼女の年の頃はー でも確かに、その後進んだ道へのステップを既に踏んでいたと思う。


でもねえ、バレリーナなんてそんなに簡単になれるものじゃないし。。


しかし、私もそう言われたのではなかったか。





すべてが親掛かりになる、バレエという選択。


あと数年すれば手が離れるのかもしれないが、それでも親掛かりであることに変わりはない。。


どうも慣れないんだよね、、自分の親がおよそ否定的だった、”親掛かり”






ものすごいストレスを感じながら


でも発表会当日は、緊張もするし楽しくもある


出費と、毎回かりだされる労働の矛盾を強く強く感じながら・・






何より、きれいに踊れるようになっていく我が子を見て、嬉しく思う気持ちもあって

途中にしてしまうのは惜しくもある






さて・・・・この先どうなっていくのでありましょうか








2015.8.8 こらむん Fukuoka  








 






夏休み


最初の週末は、萩の近くの海へ


田舎家で、よく通る海風に吹かれながらゆ〜っくり


こどもたちは綺麗な海できらきらと遊びー




という予定の3日間だったが


どうも、、、今年はお友だち選びを間違った・・??




友だち選びを間違うー なんて、

せっかく一緒に来てくれるお友だちに対して

ばちあたり、、というか



あの子はキライ、なんて言ってないで、お友だちは大切にしなさい!


どちらかというと

人のありがたさをいつも説いている訳だが。。





今回は、お母さんが完全にギブアップ。


あの子は、なんだろう。


何年か前までは、子犬のように娘と二人でじゃれながら遊んでいたものだけど


虫も海もいやなら、田舎家に海水浴には来ない方がいいよ
(去年も来たから勝手はわかってる筈なんだけど)


この一言につきる訳だが


娘がひっぱられるひっぱられる。




本当は海に駆け出していきたいのに、


ひとつ上の斜に構えた彼女への憧れから


全力でかっこつけてる(反抗モード)





しまいに私は、その子を叱りとばし

(あの怖さはヤバいと陰口まで叩かれ)


しかし苦手なものを無理に・・というのもどうしたものか と

半分気の毒にも思いながら、すっきりとしない思いで帰宅


二度と海へは誘わない! と娘に宣言。




だって、ちゃんかっこいいもん!


いいや、かっこよくないよ。
人の家に来て、おじさんに挨拶もできない、文句ばっかり言うのはかっこ悪いよ!


でも、服はかっこよくない?


フツーだよ。フツー。 ただアメリカの大衆ブランドの服を着てるだけ!
どんなに素敵な格好していても、挨拶もできない、お食事もちゃんと食べない、ルールも守れない、なんてかっこ悪すぎるよ!?



うんうん と娘なっとく。





ねえ、 ”かっこいい” ってどういうことだと思う??


ご飯を残さず食べること!!(娘・真剣・9歳)



ぶーっっ と思わず吹き出すお母さん。


あーんなに大人びた顔してかっこつけてたクセに、


”ご飯を残さず食べる”




・・・・かわいすぎる





無邪気で、主体性のない娘よ


きみの、”かっこよさ” や "素敵さ" を探す旅は始まったばかりだ。


がんばれ







2015.8.1 こらむん Fukuoka  ・・しかし暑い!













 






行きたくないー!



見学なんてつまんないし、後ろの方に並ばされるから説明もぜんぜん聞こえないんだし、

4組の背の低い子なんて、何も見えない、、、のだそうだ。




まー そうよねえ、遠足の方が楽しいわよねー



なんて言っていた、今日の社会科見学。

4年生になって、浄水場のことだとか、ゴミの回収のことだとか、よく家で音読した後に

今日は、クリーンパーク 〜 どこそこ 〜 浄水場  へ




つまんないので、行きたくないのかと思っていたら、


前日の昨日は、荷物を揃えるのにいそいそ、わくわく。(大の準備好き)


なーんだー はりきってんじゃない






行きたくなーいんじゃなかったのー? とからかうと、 ちょっとバツが悪そうに


だってー  と口をとがらす。


そうだよね、楽しみだよねえ、 皆んなでバスに乗って出かけるんだもんね!







おかあさん! 今日は社会科見学だよ❤️  と6時前に目覚め

(まだ6時じゃない ともう少し寝たおかあさん)





遠足、、といえば、大好きなサンドイッチを持って、


お母さんのナップサックを借りて(大人っぽくて、まあ気に入ったらしい)


日焼け止めをしっかりぬって




にこにこと出かけて行った。






も〜 ほんとにかわいい!!!!!










2015.6.4 こらむん Fukuoka つんつんし始めの4年生。これからますます楽しみ 







 






みいちゃんちで、あいりちゃんと、これやる!



クリスマスに海外から届いたプレゼントに入っていた、立派なファンルームのキット。

流行っているらしい、カラフルな輪ゴムでブレスレットを編んだり、なんらかのモチーフをつくったりの、昔でいう ”リリアン” 



やっと使える日がきたねー! 



お友達に教えて貰うんだと、それはそれは嬉しそうに出かける娘を、よかったね❤️ と見送る。





ところが。



おかえり! と出迎えた娘は、すっかり肩を落とし


これじゃ何もつくれないって言われた  と、ぽろぽろと涙をこぼす



えー、なんで??



話を聞くと、どうやら海外製のものは、100均にあるものよりも固いらしく、小学生の手にあまった模様



せっかく途中までつくったのに・・   

仕上げのところを手伝って貰えずに、ほどかれてしまったらしい



そうか、それは悲しかったね

じゃあ、おかあさんと作る??


うん!   泣きやむ娘

 


今日は久しぶりに早く寝れる日なんだけど。。おかあさんがんばる

しかし、うん。 たしかに固いよ!!


途中からコツをつかんで、しかし娘の分と(結局)ふたつ、星をつくったおかあさん



ふ〜 できた



やっぱり寝るのが(また)遅くなっちゃったけど



次の日、ふたつの星を嬉しそうにランドセルにぶら下げて、出かける娘



よかったよかった^^






最近はずいぶん手も離れて、一緒に何かすることも少なくなってきたけど



おかあさんは、いつも応援しているよ









2015.3.10 こらむん Fukuoka  ひゃー もう3月だよ













 





るびぃちゃんは 黒猫になる!


福岡へ来てから、すっかりご無沙汰だったハロウィン



東京では、ちょびちゃんが通っていたプレスクールだったり、近場であった代官山でのイベントやディズニーランド、とー ハロウィンはかなりイベントフルだったのだけど。


引っ越してきた最初の頃は、あ、福岡にはハロウィンないのかな〜? と思うほど、周囲は静か。





今年は

そうか、黒猫になるのか と、何もしてこなかった、ここ3年間を振り返り

何かできないものかと考えたお母さん。





しかし、ちょっと調べてみると、どうもイベントは、先週末で終わってしまっている様子。


しかも、主だったものは、子どものため、というより大人向け。





う〜ん







そして


今日のハロウィンの日は


ともかく、お友達と仮装して


先週末には何かイベントをやっていたらしい、 まだカボチャくらいは残っているだろう


キャナルシティへ


ちょびちゃんが食べたがっていたピザでも食べて帰ってくればいいじゃない^^







行きがけに通った天神では、何組か大人の(学生の?)仮装グループとすれ違った


猟奇的な仮装が主流らしい。。


金曜日の夜、子どもの時間じゃなかったこともあってか、子ども達はほとんど見なかったけど。






キャナルでは、中庭の木にたくさん飾られていたカボチャのランタンと、少しばかりのハロウィンディスプレイの前でパチリ。



しかしその横には既に、クリスマスツリーが控え、辺りは閑散としている。



そうか、今夜入れ替えですよね





それにしても、今日はハロウィン当日、も少し何かしてくれてもよさそうなものを。


でもまあ、お友達と一緒に仮装してお出かけをして、ご飯を一緒に食べて、それはそれは楽しい夜になりました。





何よりも、がんばって用意した黒猫の衣装に歓喜し、

ママありがとう!!♥️  を何度も繰り返す、嬉しそうな娘の姿が見れたのが何よりの一日





遅い時間に帰宅した後も、しばらく猫ちゃんがにゃーにゃー とないておりました^^









2014.10.31 こらむん Fukuoka
















 





学校が始まり、宿題のある日々にもどった娘。


昨日の漢字の書き取りは、


全員 い員 社員 定員を上回る ・・・ 員 の練習。





定員を上回るって意味わかってる?



えっ? 店員さんでしょ、あのレジでぴってする。  



違うよー! 


それは て・ん・い・ん。  そうじゃなくて て・い・い・ん!


このバスは定員20名です、って言ったら?



え〜と、バスに店員さんが20人乗ってるう〜 (にこにこ)


ぷーっ と吹き出すおかあさん。


あほっ! 20人まで乗っていいバスってことだよ。


(いかんいかん、思わず あほっと言ってしまった。)






こどもっておもしろい。。。








2014.9.5 こらむん Fukuoka












 





今年の夏は、8月に入ってから天気が悪くて、まったく夏らしくなかったな。

でも、山口に行ったり、熊本に行ったり、しっかりと遊び、 遊びの合間に仕事もした。



ママ?   ママ〜   ままぁ



と家中、どこへ行ってもくっついて来る娘も、新学期を迎え、ぶじ登校。



この夏、またぐんっと背が伸びて、一段とたくましくなった。





7月はまだ暑くて、ベランダにきれいに育った緑の朝顔が、窓越しに見えるのがなんとも風情あってよかったな。


今年はきゅうりとトマトの収穫も素晴らしかった。



朝顔は、お盆を迎える頃に、茶色の葉っぱが出始めて、今もまだ毎朝きれいに花を咲かせているけれど、そのうち黄色くなる。


今朝は雨で、傘をさして時間ぴったりに出かけていった娘の後ろ姿のたくましかったこと!

どこのお姉さんかと見間違うほど、背が伸びた。




学校が始まると、1週間が早いから、すぐTVが見れるよ!



と、たあいもないことを楽しみに、元気に出かけて行った。





季節が移り、今年も秋だな〜と思ったあとは、あっという間に12月になって


1年が駆抜けて行く。




大切に過ごしたいー  と思う



この頃。








2014.9.1 こらむん Fukuoka














 




 いってらっしゃい、気をつけて!


は〜い!  と元気にでかけて行く娘。


3年生になって、自転車で公園にでかけるようになった。


すいすいと自転車をこいで、遠ざかる。


もうなんか、すっかり小学生。




自分自身が3年生の時の記憶があって、かなりー いろいろしっかりしている。


ちょびちゃんもそんな年なんだなー




入学式の時、居心地悪そうに、心細そうに、初めて入った教室で、座っていた姿を思い出す。


初めて一人で登校する時、それは勇ましく、スタスタと元気にでかけていった。 その後ろ姿に、溢れていた緊張感。




今も変わらず、ママ、ママ だけど。


外では友達を思いやったり、そんな言動も目立つらしい。


人を思いやる子で、その姿に癒されましたー って2年生の担任の先生が最後に書いてくれてたな。



それって、すごく、 すごく、 嬉しいことだな





ありがとうございます。










2014.6.21 こらむん Fukuoka






















from NY